最新ニュース
お知らせ2017.10.04通常のEDTA採血管を使用してセルフリーDNAを抽出しようとする場合、採血後数時間以内に血漿を分離する必要がありますが、を使用する場合には仮保管・輸送に室温で7日までの余裕が生まれます。採血現場では血液を転倒混和するステップまでを実施し、室温で検体を輸送して検査施設で血漿分離及びセルフリーDNAの抽出を行うよう作業を分担することで、スムーズな運用&ゲノムDNA混入の不安の解消が可能になります。〒650-0046神戸市中央区港島中町2-2-2TEL.078-303-3800(代) FAX.078-303-3700Copyright(c)2017.Hiros…
(注)

製造業最新ニュース  ニュースを掲載したい方はこちら